思考整理など

春だし、Twitterスタンスをちょっと変更しようと思った話

どーも、やぎさんです。

これは私自身が思考整理をするための文章なのですが、後々に良記事になるかもしれないので、公開しておきます。

テーマとしては創作家としてのTwitterとの付き合い方のスタンスの話です。

Twitterの利用とは…?

他者のTwitter利用について

一般の人はとりあえず置いておいて、見る専を含めて創作に関わる人がどういう風にTwitterを利用しているのかを、ふと考えました。

絵師、字書き、見る専、吐き出し、色々あるとは思いますが、まあ、

創ってる方はほぼ作品PRのためだよな

という結論に秒で達しました。

というかそれ以外ない、企業アカウントだってPRのために作ってますしね。

私のTwitterの現在

基本的に作品を「創った」「創ってる」ことだけは流していますが、URLを貼らなかったり、描いた絵も全然上げなかったりします。

何となく考えたことをぱーっと流すだけで、ほぼ日常の日記になっており、リプやDM貰ったりしたら返すけど、作品のPRはほぼしてねえな?ということを冷静に考えた時、

創作家としてこのアカウントを作成して置いてある意味がない

という結論に達してしまいました。

私のTwitterの意味・無意味

ここからめちゃくちゃ自分語りなので、面倒な方は結論までいって下さい。

初期の目的はオタクとして、創作家として、何か色んなことを語りたかったというのはあった気がしますし、このブログに繋げたのもそういう感じでした。

今は何かただの日記になりつつあります。

何でか、ちょっと考えてみます。

ちゃんとやればちゃんと出来る気はする

実のところ、私は創作を「習って」います。

大学は芸術大学、ご本人の名前は聞いたことがなくても作品名を聞けば結構な割合で知っているであろう、そうそうたる先生方に色んな話をして頂き、評価も頂いておりました。

気構え、というほどのものではありませんが、結局は「ベテランのプロ」に習っていたわけで、その時に聞いた内容で恐らくはプロ、つまりは

「作品を創ってどういう風にしてお金にするのか」

の考え方を学んでいたのだと思います。

いや、今思い返してもプロになるチャンスなんか100くらい転がってた気がする…

基本の考え方の根本がそうであることもあるし、ネット上で色んなお金の稼ぎ方を見て来たのもあり、何かそういうのに則ってやることは出来るとは思うんですよ。

評価されるとかフォロワー増えるとかじゃないけど、「ちゃんと効率的にPRする」みたいなことが。

何で分かってるのに逆張りをするのか

作品と私個人を結びつけることには抵抗がある、というのが正直なところです。

私は、高校生の時に「この人の絵は大好きだけど、本人は大っ嫌い」という友人がいたため、「そういうのもあるんだなあ」ってのを知っています。

あと知らん人おらんやろって詩作の先生の人柄に触れたことによって熱狂的信者から降りてしまった同期がいました。普通のおっちゃん過ぎて。

作者が近くなったというのが近年のSNS時代の特徴かなって思うのですが、気安いし作者の生活が垣間見える反面、作者の人格が読み手にとっての作品の印象を変えてしまうのであれば、それは本当に悲しいことです。

だってそんな乖離、いくらでも存在するもん。

いっそ「すごい作品書くヤツはみんな気が狂ってんな!」みたいなのが、近代文学とか読んでたら分かるから。

あと「リング」の鈴木先生を見ても作者と作品の乖離を思い知るから。

これ、実は読み手の問題なんですが、何かそういうことを平気で愚痴って被害者の顔する人すごくたくさんいるんですよね……。「作者が地雷」とかって。

作者の人格や生活を知って萎える性質を自分で理解してたら、作者の私信SNSなんか絶対に見に行こうとすら思わなくないか……もっと自分を見つめてくれ……

私は、本人と書く文章については乖離があるという評価(罵倒…?)はそれなりに貰っていますので、人によっては合わないのだろうな、っていうのは理解していて、でもどうにも出来ないので、出来るだけ作品と自分を結びつけんようにしたい、というのはあります。

あとはまあやっぱり昔のトラウマなのかなあ、というのはあります。

人数増えると色んな人がいるので、何やかんや対応がしんどかったなー……って経験もあるわけなんですよね…昔のサイトの時に。

作品のPRをすることで、見てくれる、読んでくれる方は増える可能性はある。

私の雑談してる無意味なアカウントが、「作品を見たい人にとっての意味」を持つ。

それが「私にとっての善し悪し」があるのが、少しだけ心配です。

結論:ちょっとスタンスを変えて意味をつけよう

「ここは一体何のために存在してるのか?」っていうのをちょっと初心に戻って考えたんです。

で、先述した秒で出た結論と同じく、

「ああ、作品のPRするためだわ。」

って思い出しました。

今めちゃくちゃ矛盾してんな、存在する意味がない、でも消すって感じではないし、だったら「意味を持たせる」方が良いのかなーというところまで、すぐにいきました。

ただぐだぐだに書いたように、「後々にこの方針の変遷が私を苦しめないか」という迷いはものすごくあって、なので、覚書でこれを書きました。

すぐ自分で忘れるので、書いときます。

これから、私のTwitterには下記のものがより多く出現します。

・作品をあげた時に、各SNSのURLを貼り付けたもの

・イラストとか漫画の健全なものの一端

・自己RT(たぶんそんなにしない)

では、読了お疲れ様でした。